クリムタン株式会社 広告利用約款

クリムタン株式会社(以下、「Crimtan」という。)は、広告主又は該当する場合は広告主の代理人(以下、「顧客」と総称する。)のために、本基本約款(以下、「本約款」という。)を組み入れた一又は複数の広告掲載申込(以下、単数及び複数いずれの場合においても「IO」という。)に従って業務を行うものとする。本約款で定義されていない用語については、IOで当該用語に与えられた意味と同義とする。

  1. サービス
    1. 本契約は、対応するIOとあわせて、広告主が入稿するバナー(以下、「クリエイティブ」という。)をCrimtanオーディエンスネットワークを通じて表示することにより、広告主の商品又はサービスの販売促進を行うことがCrimtanの唯一の義務であることについての、広告主、その顧客及び代理人(以下「広告主」と総称する。)による理解を構成する(以下、「本契約」という。)。広告主からCrimtanへIOが提出されると、その時点での広告販売料金及び諸条件を全て受諾したものとみなされる。本IOの変更は、全てCrimtan及び広告主の両者が書面により了承し受け入れない限り、無効とする。広告主は、CrimtanがCrimtanオーディエンスネットワーク全体に又は特定のサイトにクリエイティブを表示することができるが、その義務は負わないこと、及び各日のキャンペーンがグリニッジ標準時午前0時1分に開始することに同意する。Crimtanは、クリエイティブ又は関連URLが時間通りに届かない時、また第三者の広告サービス、在庫の変動又はその他の問題に起因する遅延がある時は、自己の選択においてキャンペーンの実施期間を変更することができる。 口頭の又は書面の通信による本契約に基づく全ての料金見積りは、提示から14日間のみ有効である。この期間内に合意が成立しない場合、Crimtanは料金を変更する権利を有する。
  2. 配信測定基準
    1. Crimtanは、本契約に従ってIOに規定されるインプレッションを配信するために商業的に合理的な努力をし、インプレッションの配信を当該IOに規定される開始日から開始し、終了日に終了するために商業的に合理的な努力をし、また広告主より別途指示がない限り、本契約の期間を通して平均的にインプレッションを配信するために商業的に合理的な努力をするものとする。
    2. 書面による別段の合意がない限り、履行済み及び配信済みの業務についてCrimtanが作成する請求書は全て、Crimtanが行う測定及びトラッキングに従うものとする。Crimtanは、インプレッション測定に関してIAB(Internet Advertising Bureau http://www.iabuk.net/)の測定手法を採用している。この測定手法を用い、Crimtanが報告するインプレッション数が広告主又は代理人のIOに到達している場合は、インプレッションの配信保証が満たされたものとみなす。
    3. Crimtanが請求の目的において広告主の第三者測定方法を使用することに同意した場合、広告主は、Crimtanが広告主の第三者測定をそのオンライン報告システム、又は広告主代理人からの電子メールによる確認を通じて、そのキャンペーンの有効で正確な最終測定として使用及び考慮できることを明示的に認める。広告主は、第三者ログインデータ又は電子メールでCrimtanに送信されたデータについて争わないものとする。
  3. 支払、信用及び解除条件
    1. 履行済みで広告主へ提供された業務に対するCrimtanの請求書は、全てCrimtanの測定に基づくものとし、「配信測定基準」の条項に規定される測定及びトラッキングに従うものとする。さらに、全ての支払はCrimtanの測定に基くものとし、広告主、その顧客、代理人又はいかなる第三者測定にも基づくものではない。
    2. 別段の合意があるか、又は与信の承認がなされていない限り、全ての支払は前払とし、Crimtanは支払を受けるまでは合意されたサービスを提供する義務を負わない。与信の承認がなされた場合、支払は請求日から30日以内とする。
    3. 全てのインプレッション及びクリックを有効化することは、広告主の責任とする。広告主は、そのキャンペーンに関するいかなる相違についても、発生の時から15日以内にCrimtanへ報告しなければならない。Crimtanは、この期間内に報告されなかったいかなる相違についても責任を負わないものとし、広告主は、この期間内に報告されなかったいかなる相違に関しても、それに基づきCrimtanへの支払を争う全ての権利及び意思を放棄する。相違については、全てCrimtanに対し、 billing@crimtan.com. 宛に報告されるものとする。
    4. いずれの当事者も、電子メール、ファックス又は書状によって48時間前の書面による通知を行うことにより、本契約を解除することができる。広告主が期間終了前にキャンペーンを終了させる時は、広告主は、変更後の契約解除日までに履行済み及び配信済みの業務に対する全額の支払義務を負い、その全額を直ちに支払うものとする。
    5. 広告主が、以前のキャンペーンに対する期日を過ぎた請求書への支払を怠っている場合、Crimtanは、いかなる進行中のキャンペーンも直ちに終了させる権利を有する。
    6. 広告主は、クレジットカードにより支払う場合、クレジットカード口座に対して支払取消を行わないことに明示的に同意する。広告主は、本契約の第10条及び第3条に規定する紛争解決に関する合意に従うことに同意する。
    7. 全ての支払は、日本円、英国ポンド、ユーロ、又は事前に合意されたその他の通貨で行われなければならない。広告主は、いかなる場合又は状況においても、Crimtanが提供するいかなるデータも、最終の請求金額となるものではないことを理解し、これに同意する。 広告主及び代理人へ直接送付された請求書のみが、支払請求額を示すものと解釈される。
    8. 広告主は、全ての解除通知は電子メールで提出され、trafficking@crimtan.com. に写しが送付されなければならないことに同意する。全ての要求は、有効なものとみなされるためには、写しがこの電子メールアドレス宛に送付されなければならない。さらに、このアドレス宛に写しが送付されない解除通知は有効とみなされず、広告主は全ての支払について責任を負うものとする。
    9. Crimtanが、請求の目的において広告主の第三者測定方法を使用することに同意した場合、広告主は、Crimtanが広告主の第三者測定をそのオンライン報告システム、又は広告主代理人からの電子メールによる確認を通じて、そのキャンペーンの有効で正確な最終測定として使用及び考慮できることを明示的に認める。広告主は、その第三者ログインデータ又は電子メールでCrimtanに送信されたデータについて争わないことに同意する。
    10. Crimtanは、広告主から書面による要求があれば、広告主のキャンペーンを一時的に停止することに同意する(以下、「中断」という。)。Crimtanは、各キャンペーンのIOの実施期間につき1回の中断を認めるものとし、中断は最大7日間までとする。広告主が、中断要求に続いてその後のCrimtanへの連絡をしない場合、Crimtanは中断しているキャンペーンを自動的に再開し、合意されたインプレッション、クリック又はリードの配信を継続するものとする。広告主が、期間終了前にキャンペーンを終了させたい時は、広告主は、本約款に定める解除手続に従うことに同意する。いかなる解除通知も、Crimtanが書面による通知を受領した日に基づくものとする。Crimtanは、中断期間を契約解除の一部とすることを認めない。広告主が中断期間中にキャンペーンを解除した場合、広告主は、中断以前の一日平均に基づき、解除通知の残りの期間中に配信されたいかなるインプレッション、クリック又はリードについても支払を行うことに同意する。
  4. クリエイティブ基準
    1. 全ての広告は、Crimtanの承認を得ることを条件とする。Crimtanは、 いかなるクリエイティブ又はそのいかなる部分も拒否し、中止し、又は削除する権利を有する。この権利は、いかなるクリエイティブの受領又は実際の使用によっても放棄されたものとみなされないものとする。Crimtanは、本約款で概説される合理的な基準に沿っていないとCrimtanが感じる時は、いかなるクリエイティブも拒否することができる。Crimtanは、クリエイティブのポジション又はプレースメントのエラー、又はいかなる誤字についても責任を負わない。
    2. 広告主は、第三者タグを経由してCrimtanへクリエイティブを提供しようとする場合は、第三者タグに含まれる全ての広告のサンプルをCrimtanへ提供することに同意する。これを怠った場合は、本契約の違反とみなす。この条件の違反の結果としてCrimtanとパブリッシャーとの関係が悪化、又は失われた場合、Crimtanは全ての金銭的損害の賠償を請求する権利を有する。
    3. 広告主は、全てのクリエイティブの正常な機能を確認するものとする。広告主がCrimtanに対し問題を通知しない場合、Crimtanは、クリエイティブが正常に機能しているとみなし、広告主は、クリエイティブから由来するCrimtanの計測による全てのインプレッション及びクリックに対して支払を行うことに同意する。クリエイティブに関する問題は全て、直ちに広告主からCrimtanの担当者に知らせるものとする。
    4. 広告主は、Crimtanが広告主のためにクリエイティブを回収するよう要求された場合、Crimtanはこの業務を専ら広告主に対するサービスとして行うものであり、そのため、Crimtanがいかなる誤り(誤ったクリエイティブの回収を含むが、これに限定されない)についても責任を負わないことに同意し、これを了解する。さらに、広告主は、IOで規定される通り、Crimtanが広告主から提供された場所からクリエイティブを入手することを要請され、広告主のために配信した全てのキャンペーンに対して支払を行うことに同意する。
  5. 責任の制限
    1. Crimtanは、いかなる種類又は性質のクレーム(契約責任及び、過失、保証又は厳格責任を含む不法行為を含むが、これらに限定されない)に基づく逸失利益又はその他の結果的損害、特別損害、間接損害又は付随的損害について、かかる損害の可能性について告知を受けていたとしても、広告主に対し何らの責任も負わない。Crimtanの全ての義務及び責任は、いかなる場合も、問題となっている広告に対する料金の範囲を超えないものとする。本約款に明示的に定められているものを除き、Crimtanは、広告主に対して他に何らの保証もせず、また商品性又は特定目的適合性について何らの保証もしない。
  6. 補償
    1. 全てのクリエイティブは、広告主がコンテンツ全体及びその内容を掲載する権限を有する旨の表明に基づき受諾され、掲載される。広告主は、Crimtan、そのパブリッシャー又はリストプロバイダー、及びそれらの関係会社、従業員、役員、代理人、取締役及び代表者(以下、「Crimtan側被補償者」又は「CIP」という。)に対し、あらゆる申立、クレーム、請求、請求の原因、訴訟、損害、責任、義務及び費用(合理的な弁護士費用、社内弁護士の時間コスト、裁判費用及び証人費用を含むがこれらに限定されない)(総称して「損失等」という。)を補償し、これによる損害を被らせないことに同意し、また広告主の提出したクリエイティブをCrimtanが複製及び公開したことに起因する、中傷、名誉毀損、プライバシー権の侵害、盗用、弁護士費用、商標権、著作権の侵害、クリエイティブに含まれる権限のないコンテンツ(テキスト、イラスト、表象、スケッチ、地図、ラベル又はその他の著作物を含む)あるいは人の氏名や写真の無断使用に関するクレーム又は訴訟に対するあらゆる責任について、Crimtanを補償し、防御し、免責することに同意する。
    2. 広告主は、Crimtanが相当な注意を以ってしてもCrimtanの全てのパートナーサイトのコンテンツの適切性を監視することはできないこと、及びCrimtanがパートナーサイトのコンテンツに対して責任を負うことができないことを理解している。本約款に基づくCrimtanによる広告の掲載が、広告主の信用又は評判を害し、又は広告主に不名誉又は信用失墜をもたらすと広告主が合理的に判断した時(わいせつ、違法、誤解を招くような素材、有害、虐待的、嫌がらせ、誹謗中傷的、又はその他の好ましくない素材を含むウェブサイトに関係するものを含むが、これらに限定されない)は、Crimtanは、広告主からCrimtanへのかかる通知の後速やかに当該広告を削除するよう商業的に合理的な努力を尽くすものとする。但し、Crimtanが、サイトから広告を削除することがIOに従って広告配信を行うCrimtanの能力に重大な影響を与えると合理的に判断した時は、Crimtanは広告主がキャンペーン期間を延長することを条件とすることができる。
    3. 広告主は、本キャンペーンで得られた消費者に関するデータを、合法的な目的においてのみ使用することを保証し、広告主は、本キャンペーンによって得られた消費者データが関連法令に違反する目的で使用されたと主張してCrimtanのCIPに対してなされた損害賠償請求に起因するあらゆる損失、責任、クレーム、義務、費用(合理的な弁護士費用を含むがこれに限定されない)、損失等について、Crimtan側被補償者を補償し、防御し、これらに何らの損害も被らせないものとする。本条の補償義務は、かかるクレームに関してCrimtanのCIPが速やかに書面による通知を行うことを条件とする。CrimtanのCIPは、かかるクレームの訴訟又は和解について単独の決定権を有するものとする。本条の規定は、本契約終了後も存続するものとする。
  7. 不可抗力
    1. Crimtanは、不可抗力、政府による行為、インターネットの不具合、設備の故障、停電、火災、地震、洪水、抗争、暴動、テロ行為、戦争、爆発、禁輸、ストライキ(合法、非合法を問わず)、労働力又は材料の不足、あらゆる交通の途絶、作業の低下、又は生産や配信に影響を与えるようなCrimtanの支配が及ばない事情によって配信が遅延した場合又は配信ができなかった場合について、責任を負わない。
  8. 秘密保持
    1. 両当事者は、それぞれの事業に関する情報(Crimtanオーディエンスネットワークの一部を構成するパブリッシャーサイト、アフィリエイト及びベンダーに関するデータその他の情報を含むがこれらに限定されない)を互いに開示しており、又は開示することがあるが、これらは全て相手方に過去、現在及び将来において開示される範囲において「機密情報」となる。機密情報には、各当事者が文書により記録する以下のものは含まれない。
      1. (いずれかの当事者又はその代表者(以下で定義される))の不適切な行為又は不作為によらないで)公知である情報又は公知となった情報
      2. 相手方から受領する前に制限なしに保有していた又は知っていた情報
      3. 相手方又はその代表者以外の情報源で、秘密保持義務を負っていない者から入手可能となった情報(本条においていずれか一方の当事者に関して「代表者」の語を使用する場合は、その当事者の関係会社、代理人、役員、取締役、コンサルタント及び従業員を指す)
    2. 両当事者は、以下に同意する。
      1. 機密情報を厳格に秘密に保持し、当該機密情報を保護するためのあらゆる合理的な予防策を講じる(各当事者が自己の最も機密性の高い情報に関して用いるあらゆる予防策を含むが、これらに限定されない)。
      2. 広告主の広告キャンペーン結果を評価する目的を除き、いかなる時も機密情報の何らの使用もしない。
      3. 各当事者からの書面による許可なしで、いかなる目的においてもいかなる機密情報も複製しない。
      4. 各当事者の従業員で正当な「知るための必要性」を有し、書面によって本契約に基づく制約に拘束される者を除き、いかなる第三者又は従業員に対しても、機密情報又は機密情報から得られるいかなる情報も開示しない。いずれの当事者も、その代表者による本契約の違反について責任を負うものとする。いずれの当事者も、機密情報の不正な使用又は開示を発見した場合は、直ちに相手方へ通知し、当該機密情報の所有を回復するため、及び将来の不正使用を防止するため、あらゆる合理的な手段において相手方に協力するものとする
  9. 財産的価値のある関係
    1. Crimtanは、いくつかのパブリッシャーと契約関係にある。広告主は、以前から存在するダイレクトパブリッシャー又はネットワークとの適切に文書化された関係、又は広告主の通常の業務の過程で築かれた関係を除き、Crimtanと競合する商品やサービス(Crimtanの明示的な書面による同意のないいかなる形態の広告掲載又はホスティングを含むが、これらに限定されない)を提供する目的で、Crimtanと契約関係にあると広告主が知っているか又知る理由のあるパブリッシャーを、直接又は間接に、勧誘、誘導、採用又はその他の働きかけをしないことに同意する。広告主は、広告主による上記表明の違反があった場合、Crimtanがその救済手段として、保証金を積む必要なく差止め又はその他の救済を受ける権利を有することを理解する。かかる救済は、金銭賠償を含む他の適切な救済に加えて認められるものであり、Crimtanは、適用法が認める最大限の金銭賠償を得る権利を有するものとする。上記の救済は、本契約の基礎として重要で、かつ交渉を経たものであり、本契約の締結にあたり各当事者の判断材料となったものである。
  10. 準拠法及び裁判管轄
    1. 本契約の解釈、履行又は違反に関して生じる紛争については、法の適用に関する規定に拘らず、日本の法律にのみ準拠するものとする。また両当事者は、東京地方裁判所が全ての紛争解決のための第一審の専属合意管轄裁判所であるものとして、当該裁判所の人的管轄権に従うことに同意する。
    2. 本契約に関する紛争が訴訟となった場合、勝訴当事者は、紛争解決のために生じた費用とともに合理的な弁護士費用を受け取る権利を有する。
  11. 完全合意条項
    1. 本契約は、 IOとあわせて、当事者間の合意の全てを記載したものであり、これまでの口頭及び書面による合意のすべてに優先し、両当事者が承認し、合意した書面によらない限り、修正又は変更をすることができない。本契約は、あらゆる数の正本及びファクシミリによるコピーで作成することができ、そのそれぞれは原本とみなされる。本契約のいずれかの条項が法的強制力を欠くとされた場合においても、本契約のその他の条項は有効に存続するものとする。本契約により要求され又は認められるいかなる通知又は報告も、送付時に機能しているファックス番号又は事業所の住所宛に送付又はファックスで送信されるものとする。
    2. いずれかの当事者が、相手方に対し本契約条項の厳格な遵守を要求しなかった場合でも、これは条項の厳守をその後要求する権利に影響を与えないものとする。本契約の条項の違反に対する権利の放棄は、その条項自体又はその後の違反に対する権利を放棄するものではない。
  12. 公表、プレスリリース及びマーケティング活動
    1. 広告主は、プレスリリースに協力し、顧客として名前を挙げられることに同意する。広告主がPR活動やマーケティング活動に参加する意思がない場合は、手紙又は電子メールによる書面で知らせるものとする。
  13. 存続条項
    1. 第5条、第6条、第8条及び第10条については、いずれかの当事者による本契約の解除後も永久的に存続するものとし、第9条については、契約解除の時から6ヵ月間存続するものとする。
  14. 権限付与
    1. 広告主は、Crimtanに対し、Crimtanが自己の裁量で広告主の業務目的を達成するために適切と判断する方法で、電子メディアを通して(ウェブサイト上の掲載、サーチへの登録等を含む)広告主の宣伝広告を促進及び配信する権限を認める。広告主は、上記に挙げられたさまざまな手段を通じた配信のために必要がある場合に限り、Crimtanによるクリエイティブの変更、サイズ変更、又はその他の修正について許可を与え、又はそのための協力を行うことに同意する。